読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいこと

「オナニー依存症」で検索すると、「オナ禁しろ」というサイトがたくさんヒットします。「オナ禁できるくらいなら依存症になんかならんわ!」と思ったのが、このブログで自分をさらす理由のひとつです。

回数に多い少ないがあろうとも、「オナニーのし過ぎではないか」「オナニーをやめたい」という悩みに差はありません。

 

僕のような酷い依存症も居る。

そんな酷い依存症でも、ちゃんと働いて生きている。

 

そんなことを知って、「オナニーやめなきゃ人間失格」というほど自分を追い詰めないで欲しいのです。

「オナニーする時間を他のことに利用したら、もっと充実した人生を送れる」というのはあると思います。よりよい人生を送ろうと思うのは万人共通でしょう。オナニー依存症は最低ではないので、そこまで追い詰めないで欲しいのです。

男はほぼ100%、女でも80%はオナニーをすると言われます。ほとんどの人がオナニーをするのだから、オナニーすることをそんなに悲観する必要はないと思うのです。やり過ぎてしまうので、うまくつきあえる方法を見つければよいだけだと思うのです。オナニーを中毒でなく趣味にできればよいだけだと思うのです。

オナニーの話は他人にはできません。「オナニー依存症」で検索すると、エロ話もヒットします。依存症でない人には、オナニー依存症は「オナニーばかりしてエロい」「オナニーが何度もできて絶倫」と見えてしまうのでしょう。

依存症で悩んでいる人はそんなことはどうでもよいはずです。どうしても性器に手が伸びてしまう、性器をいじる手が止まらないと、自分の意思でオナニーをコントロールできなくなっているのが悩みのはずです。

僕はオナニーが好きです。というより、異常です。とてもひどい依存症です。それを晒します。それは、僕自身が自分と同じような人を、ネットで探したけど見つからなかったからです。オナニー依存症で悩んでるのが自分だけではないと少しは安心するし、悩んでいたはずなのに「それ、あるある」と少し嬉しくなったりするからです。

僕はオナニー依存症を治す特効薬を提供することはできませんが、僕自身は生きているので、オナニー依存症のままどうやって生きているのかを晒していきます。

オナニーのすすめ

オナニーをし過ぎると気持ちよくなくなったり、イカなくなったりします。

それでも、オナニーで気持ちよくなりたいのが依存症です。

連続してオナニーをするとイキにくくなりますが、休み休みオナニーをすれば何度でもできます。しかも、その休みを睡眠にすると、きっちり復活できます。

 

起きたらいつものようにオナニーをします。気持ちよさの中でうとうとして、目が覚めたらまた起き抜けのオナニーをします。そして、イッたらまたうとうとして、目覚めたらまたオナニー。それを、24時間昼夜の区別なく続けます。すると、完全に目覚めてる時間が無いまま、ずっとイッたまま一日を過ごせます。

 

僕は大学一年生の4月の土日はずっとこのような生活をしていました。5月の連休には一週間連続でこんな生活をして、やっとオナニーに満足しました。「もう充分オナニーを満喫したから、そろそろ回数を減らそう」と決心したのです。

そのあともオナニーの回数がなかなか減らずに苦労しましたが、学校をさぼってオナニーするのも治ったし、今は社会人としてちゃんと仕事をしています。

 

なかなかオナニーを減らす決心がつかない人は、満足するまでオナニーをしてみてはいかがでしょうか?

連続してやるとイケなくなって不満が残るので、休み休み延々とやり続けてみてはいかがでしょうか?

「いい加減やめなきゃ」「イカなくなったからやめよう」という理由でオナニーを打ち止めにしていたのですが、その理由を排除できるやり方を見つけて、図に乗って延々とやってみたら、思いのほか満足できて、それまで「もっとやりたい」としか思えなかったのに、「ここが上限でいいや」と思えるようになったのです。

それまでも、頭の中ではオナニーをやめたいと思っているのに、ちんちんをこする手が止まらなくて、「オナニーをやめたいよぉ」と思ったことは何度もありましたが、満足したからやめようと思えたのは初めてでした。

また食欲に例えると、「まだ食べたいのにお腹に入らない」「まだ食べたいけど吐き気がするからやめよう」だったのが、「満腹だし、満足したからやめよう」と思えたのと同じでした。

趣味はオナニー

僕の目指すところは、朝起きてすぐの布団の中、帰ってきてすぐ、寝る前の布団の中の3回と、帰ってきてから寝るまでの間に気持ちよく1回の、1日4回のオナニーです。

三度の食事とおやつみたいなものです。三度の食事は必須ですが、それだけでは寂しいのでおやつも食べたいのと同じです。

そして、1ヶ月に2度くらいオナニー三昧の日を過ごせると、とても幸せです。

朝起きてオナニー、二度寝をして起きたらオナニー、洗濯をしたらオナニー、昼御飯を食べたらオナニーをして昼寝、起きたらオナニー、そんなふうに2時間おきくらいにオナニーをすると1日で8~10回くらいオナニーができます。短時間のあいだに続けてやるのではなく、間隔を空けてやるので気持ちよくイケます。

ときどき一日中オナニーをすることで、平穏な日を過ごすことができるのです。ときどき満腹になるまで食べれば、普段は腹八分目でも大丈夫というのと同じです。

現実は理想通りにいかずに、オナニーのし過ぎになってしまいます。食べ過ぎて太ってしまうのと同じです。