読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナニー依存症を自覚して

ところ構わずオナニーがしたくなるのを克服し、家に居る間だけオナニーをするようにしました。

 

・出掛ける前にオナニーをしてから出掛ける。

・帰ってきたらすぐにオナニーをする。外でオナニーをしたくなっても「帰ったらすぐできるから」と踏みとどまる。

・外でやりたくならないように、家ではやりたいだけやる。

 

家でオナニーを我慢すると、寝る前に我慢しきれずに朝までオナニーをしてしまったり、出掛ける前のオナニーがとまらなくなってしまいます。いちばん犠牲になってもよいのは、家に帰ってきてから寝るまでの間の時間です。この時間帯に満足できるだけオナニーをしておけば、夜はすっきり眠れるし、朝も1回だけオナニーをすればすっきりして出掛けることできます。

僕はこの方法でオナニー依存症とつきあっています。家にいる間は、テレビをあまり見ないでオナニーに充てる時間を取っています。

オナニーの回数が減らなくても、オナニーに振り回されてる感がなくなるので、気分が楽になります。気分が楽になると、「オナニーをしてはいけない」ではなく「オナニーをしてもよい時間だ」という気分でオナニーができるので、気持ちよくオナニーができます。

この方法で、家の外ではふつうに過ごし、家の中ではオナニーしまくるという生活をしています。家の外ではふつうに過ごせるというのは、とてもメリットが大きいです。

いつオナニー依存症だと気づいたのか

幼稚園のときから親の目を盗んではオナニーをする子でした。小学生になると、ひとりで留守番するとか、親の目から離れることも増えていきます。それがチャンスと捉え、オナニーをしていたら、だんだんとオナニーの回数が増えていきました。今から思い返せば、このときからすでにオナニー依存症だったのでしょう。

小学4・5年のころには既に毎日3~5回のオナニーをしていました。中学生になると勉強と称して部屋にこもってオナニーをしまくっていました。

小学生のときはチャンスを待って、その隙にオナニーをしていて、もっとオナニーしたい気持ちがあったのでした。中学生になるとオナニーしまくりだったので、これまでの「もっとしたい」という欲求が満たされ、何度もイキながら幸せだと感じていました。

この時点で完全なオナニー依存症ですが、そんな自覚はありませんでした。やり過ぎというよりも、もっとやりたいという願いがかなったという思いのほうが強かったです。

「オナニー中毒かも?」と思ったのは、高校受験の直前でした。直前の追い込みをしようとしてもオナニーが止まらなくて、このとき初めて「オナニーやめたい」と思ったのでした。それも、受験が終わったら元に戻ったので、それほど気にせず、毎日オナニーしまくる生活を続けていました。

 

オナニーをできる限りたくさんやりたくて、チャンスがあれば必ずオナニーをしていた。

オナニーの回数が徐々に増えて、知らない間にとんでもない回数に。しかし、本人は回数が多いという自覚に欠ける。

勉強しようとするとオナニーが止まらなくなる。この辺から、「オナニーを止めたいのにやめられない」「もう気持ちよくないのに止まらない」という症状が出始めた

オナニーが止まらなくなり翌朝まで続けてしまう

朝起きてもオナニーがしたくてオナニーを始めてしまい、それが止まらなくなって学校をさぼる

 

こんな段階を踏んで、自分がオナニー依存症であることを自覚していったのでした。

ひとりになるとオナニーせずにはいられない

幼稚園のとき、布団の中でオナニーをしていたのは、親の目を盗んでオナニーできるというところといえば、布団の中くらいしかなかったからです。

小学生になると、ひとりで留守番することもあり、そういう "チャンス" を見つけてはオナニーをしていました。

小学生になるとひとりでお風呂に入るようになってくるのですが、仰向けに寝ないとオナニーができなかったので、お風呂でオナニーをするようになったのは中学生になってからです。

中学生になると、勉強を口実にして自室にこもりオナニーをしまくっていました。

「誰も見ていない=オナニーができる」、オナニーができるチャンスとわかると、そのチャンスをオナニーしないで見過ごすことができず、必ずオナニーをしていました。

小学生のとき、外で遊んでいるときに友達が先に帰ってひとりになったときは、車の陰に隠れてオナニーしたりもしていました。

中学高校と自室にこもってオナニーをしまくる生活を続け、大学生になってひとり暮らしを始めました。

ひとり暮らしをすると、誰も見ていないのでずっとオナニーチャンスです。それが嬉しくて24時間オナニーし続ける生活を2ヶ月くらい続けていました。

今も、家に居る間は2時間おきくらいでオナニーをしています。それくらいあいだが空くとやりたくなってしまうのです。

エロい気持ちじゃなくて、イクときの絶頂感が欲しくなるのです。

 

 

オナニーの時間は必要です

中学から高校まではエロ本を見ながら、大学生になるとエロビデオを見ながらオナニーしまくりました。

エロビデオを借りてきてビデオデッキに入れると、既にちんちんは勃起しています。たまらずシコシコしたらすぐに射精してしまいます。そのときエロビデオはというと、まだ映倫のマークを表示しています(笑)

そんな調子だから、1冊のエロ本、1本のエロビデオがあれば何度でもオナニーできてしまいます。なので、エロ本やエロビデオを買い漁ることはありませんでした。

今はインターネットでエロ動画がたくさん見られます。若い人たちは、ネットでエロ動画を見てムラムラしたのがオナニーのきっかけという人も多いのかもしれませんね。

エロ動画がオナニーを覚えたきっかけだったなら、オナニーのためにエロ動画を漁ることになるでしょう。しかも、エロ動画の中で1回イクたびに自分も1回イクというペースなら、オナニーをするために何本もエロ動画を探さないといけなくなりますね。しかも、1回のオナニーに掛ける時間が長くなる。エロ動画を探すのに時間を掛け、オナニーの時間も長くなれば「オナニーは時間の無駄」と考えるかもしれませんね。

性癖というか、気持ちよくなる方法というか、それは人によって違うので、変えられないと思います。オナニーくらい自分が好きなやり方でやればよいと思います。

オナニーに掛ける時間が長かろうが、それが気持ちいいなら、時間を掛けていいと思います。「気持ちよくなりましょうよ」と思います。

お風呂の時間、お化粧に掛ける時間、テレビを見る時間、削れる時間は幾らでもあります。オナニーの時間を捻出する方法はあります。いちばん好きなオナニーの時間を削ることはやめましょう。ストレスがたまります。

可愛い小学一年生の裏の顔

幼稚園児や小学校1年生というと、まだ可愛い年頃です。

その歳で、僕はオナニーをしていたんだなと思います。

母親が「買い物行ってくるから留守番しといてね」と言うと「はーい」と答えて、玄関が閉まる音を聞いたらズボンをずらして仰向けに寝ます。

力んで、全身ピーンとして、ちんちんをこすって、「ビクーッ」となって放心状態になります。

こんな小学一年生ってどうでしょう?

オナニーしているなんて知らなかったら、本当に可愛いでしょう。

 

オナニーしているのを見つけたら「やめなさい!」って叱るでしょうね。

全身をピーンとさせ、ちんちんをこすり始めたかと思うとすぐに動かなくなって放心状態になる。

完全にイキ方を習得していて、一人前にオーガズムに達している。そんな子に「なんでいけないの?」と聞かれたらなんと答えたらよいのだろう?

もしもタイムマシンがあって、オナニーとは知らずにオナニーにふける自分に出会えたら何というだろうか?

完全にツボを心得ていて、あまりにも気持ちよさそうに果てているのを目の当たりにしたら、何も言えないだろうか。

良い子のふりをして、誰も見ていないところではオナニーにふけり、オーガズムをむさぼる小学一年生。見た目は可愛いけど、恐ろしいな。

正直言うと、オナニーはしたい

幼稚園のころからオナニーを始めて、オナニーはもう生活の一部になっています。

今でもエロは好きですが、積極的にはエロを求めなくなりました。それでも、オナニーだけはやめられません。

エロとは関係なく始めたオナニーだからこそ、エロに対する関心が薄くなった今でもやめられないのでしょう。

大学1年のときにピークをむかえたオナニーですが、今は小学4・5年レベルの毎日3~5回に戻りました。

正直言うと、この回数を死ぬまで続けたいです。やっぱり気持ちいいことはやりたいのです。

でも、これ以上やるとそんなに気持ちよくなくなってしまうし、時間の無駄なので、大学1年の頃のようにはなりたくないのです。

中学の修学旅行

僕は精液が出る前からオナニーを毎日6~8回していたので、夢精はしたことがありません。そんなにしていたら当たり前ですね。

イクときに透明な液体が出るようになり、その量が増えていくとともに、ポカリスエットのように濁るようになって、変な臭いがするようになりました。

白くて臭いがするのが精液だとは知っていましたが、本物の精液を見たのは中学3年のときでした。

中学3年の修学旅行の3日間、1回もオナニーをしなかったのです。修学旅行から帰ってきて風呂に直行しました。パンツを脱ぐときに既にフル勃起。風呂場に入ったら、湯船のふたを開ける前にオナニー開始。10秒くらいで射精しました。このとき、ドロドロで真っ白な鼻水みたいな液体が大量に出たのです。初めていうくらい気持ちよくて、ドピュッドピュッドピュッと何度も出ました。風呂の壁に付いた精液を指ですくって「これが精液か」と、自分のちんちんから出てきたものなのに、ドロドロさと臭いに感動しました。

その精液に興奮して2回目のオナニーをしました。そして、風呂から出る前にもう1回。

修学旅行から帰ってきてすぐに勉強を口実に自室にこもるのもおかしいし、修学旅行中は寝不足だったので、その日は早く布団に入って1回だけオナニーをしたらすぐに寝てしまいました。

翌日、いつものように晩御飯のあと自室にこもり、精液が枯れるまで何度もオナニーをしました。いっぱい溜まっていた精液が出尽くしていく様がおもしろくてオナニーが止まらなかったのです。

このとき、「精液が枯れるてなくなる」とは微塵も思わず、「出る量は決まっていて、オナニーの回数が少ないと濃いのがいっぱい出て、何度もオナニーをすると精液が薄くなって量が減る」と思ったのでした。

なので安心して、その日以降も、精液を最後の一滴まで出し尽くしてから寝て、精嚢は常に空っぽに近い状態で過ごすのでした。