読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩み相談:毎日オナニーをしてしまいます

「毎日オナニーをしてしまいます。どうしたらよいでしょうか?」

という悩み相談の書き込みがネットで見られます。「毎日オナニーするのが当たり前では?」と思いました。何を心配しているのでしょうか?

 

自分は変態なのかも?

→男はほぼ全員、何歳になってもオナニーをします。週一や二日に一回という人が多数派なのかもしれませんが、若い人が毎日オナニーするのは当たり前です。女性もほぼ全員がオナニーをしたことがあって、8割の女性は毎日や生理前だけというように日常的にオナニーをしています。オナニーをするだけでは変態ではありません。何度も繰り返しオナニーをしたら変態なのかといえば、変態ではありません。もっと変わった性癖の人はたくさんいます。それも含めてふつうです。露出狂や痴漢や下着泥棒は犯罪です。そうでなければ、自分は変態だと悩むことなんてありません。

 

やり過ぎると枯れる?

→これは絶対にありません。逆に、やり続けていると鍛えられます。

 

授業中にオナニーがしたくなって、授業に集中できない。

勉強しようとしてもオナニーがやめられなくて、勉強できない。

寝ようと思っているのに、オナニーが止まらなくて寝られない。

 

そんな症状がなければ、悩むことなんてありません。

 

 

 

オナニーしたくないのにオナニーが止まらないから悩む

僕は出来る限りたくさんオナニーをしたいです。毎日何度もオナニーをしても「回数が多過ぎ」とは思いません。

初めて「オナニーをやめたい」と思ったのは、受験勉強をしているときです。勉強しようと思うと、オナニーが止まらなくなったのです。勉強しなきゃいけないのに、オナニーが止まらず、まったく勉強ができなくなったのです。

オナニーが止まらなくて、気持ちよくなくなってもまだ止まらずにオナニーをし続ける。

「もう寝なきゃ」と思っているのにオナニーがやめられなくて、夜中の3時くらいまでオナニーを続けたり。

そのとき、自分がオナニー依存症だと気付きました。気付くのが遅いですね。

「オナニーしたくてオナニーをする」「気持ちよくイケる」そんなオナニーをしているうちは、何度やってもやり過ぎと思うことはなく、気持ちよくて幸せだとしか思いませんでした。

オナニーをやめたいのに止まらない、やり過ぎて気持ちよくイケない。そんなオナニーをして、オナニー依存症だと気付いたのです。

オナニーしたいときにオナニーができて、オナニーをしたくないのにちんちんをこする手が止まらなくならなければよいのに。

お金が掛からないオナニー依存症

幼稚園のころから、ちんちんをこすると「ビクーッ」となって、とても気持ちよいので、親の目を盗んではちんちんをこすっていました。

当然、それがオナニーだとは知りませんでした。恥ずかしいのではなく、親に見つかると怒られるから隠れてやっていたのです。

やり過ぎると害になるなんて、全然思いませんでした。隙を見つけてはやっていました。

これが僕のオナニーの原点です。ビクーッとなるのが目的で、それを出来る限りたくさんやりたい。それが目標でした。

早漏なんて知りませんから、とにかく早く「ビクーッ」となるのを目標にしていました。それで今の早漏が形作られています。

オナニーはSEXの代わりなんて概念もなかったですし、オナニーをしていて、「本当はSEXをしたいのに」なんて思ったことは一度もありません。

ふつうはエロに目覚めてからオナニーを覚えるので、オナニーのためにオカズを探すと思います。しかし、僕はエロに目覚める前からオナニーをしていたので、オカズ無しでもオナニーをします。

風俗で浪費することもなく、エロ本やエロビデオに浪費することもない、オナニー依存症です。