読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お恥ずかしながら

僕は幼稚園の頃から、朝晩は布団の中でオナニーをしていました。気持ちいいのに気が付いてしまってやめられなかったのです。一人で留守番しているときなんかは、オナニーしまくりでした。

 

小学生になると、宿題なんて出ていないのに「宿題やるから」と言って机の前に座り、オナニーをしていました。風呂でもやっていました。とにかくオナニーがしたくて、ひとりになれるところを探してはオナニーをしていました。

 

高学年になると、エロ本を見ながらオナニーをするようになってしまいました。晩御飯を食べてお風呂入ったら自室にこもり、寝るまで延々とオナニーをしていました。

 

こういう生活を高校卒業まで続けていました。そして大学生になって一人暮らしを始めたら...

 

生活が破たんしました。

 

学校をさぼって一日中オナニーをするようになってしまったのです。夜は寝ないで朝までオナニーをして、昼に起きたらまたオナニー。そんなダメ生活をしていました。