僕が取ってるささやかな対策

仕事のストレスはそのうちなくなる。嫌な上司は全員に嫌われてそのうち飛ばされるし、山積みの仕事もいつかは終わる。それまではオナニーをしながら耐え忍ぶ。仕事のストレスが減ればオナニーの回数は自然と減る。

誘いはなるべく受けて出掛ける

オナニー以外の「何か」が見つかるかもしれないので、何でもやってみる

「家に帰ったらオナニーしまくってしまうな」という予感がするときは、帰るのを少しだけ遅くしてみる

どうしても我慢できなくなったら、家に帰ってオナニーをする。外ではしないように習慣づけておく

「家に居たらオナニーしまくるな」という予感がするときは出掛ける。勉強をファミレスでやるのはその一環





結局は、オナニーをしてしまっています。

◆外ではしない

◆どうしてもオナニーをしたくなったら家に帰る

◆家でオナニーにふけりそうなときは家に居ないようにする

◆規則正しい生活をする。生活をパターン化する。そうやって、24時間すべてをオナニーに占有されないようにする

その程度のことしか出来ていません。

「毎晩、明るくなるまでオナニーを繰り返す」という習慣がついてしまうと、その習慣から抜け出せなくなってしまう気がします。そのうち飽きてやらなくなるというよりは、その行動が根付いてしまうことのほうが多い気がするのです。

まずは、習慣化かなと思います。


1.外でしないために出掛ける前に
2.外でやらなかったご褒美に帰ってきたらすぐ
3.安眠するために寝る前に

この3回だけに習慣化したいです。ストレスがないときはうまくいっています。ところが、ストレスが溜まってくると、2と3の間に何度もしてしまいます。