減らす気はあるけど、やめる気がない

オナニー依存症からは抜け出したいと思っているのですが、なかなか抜け出せないでいます。

 

あの快感は捨て難いです。普段は一日数回楽しく気持ちよくオナニーをするだけですが、ストレスがあると、狂ったように24時間オナニーを続けてしまうのをやめたいのです。

「苦しいときのオナニー頼み」とでも言いましょうか、苦しくなるとあの快感に逃げたくなるのです。

 

普段からオナニーをしているから、ふとしたきっかけで回数が増えてしまうのでしょうか?

完全にやめたら、もうオナニーの快感に逃げることはなくなるのでしょうか?

これだけオナニーの快感をむさぼったら、もうあの快感を忘れることはできないのではないか?

忘れることができないなら、幾ら我慢しても、とてもつらくなるとやっぱりオナニーに逃げるのではないか?

オナニーをやめるには去勢しかないのか? 去勢と言っても、切り取るのではなく、ホルモン投与で去勢はできる。

去勢は嫌だな。尊厳が傷つき、別の悩みが増えそうだ。

 

やっぱり、オナニーの回数を減らすだけにしたいな。

そんな甘えたこと言ってるから減らないのか。