オナニーの回数を減らすには

オナニー依存症の人は

「勉強をしなくてはならないのにオナニーが止まらない」

「オナニーがやめられなくて学校をさぼった」

「いつでもどこでもオナニーしたくなる」

などの症状があると思います。

 

ほとんどの人は、これらの症状は治したいけど、オナニーを一切やめるということは考えていないと思います。「完全にやめろ」と言われても「はい、わかりました」とは即答できないでしょう。

 

◆寝る時間と起きる時間だけは決めて、規則正しい生活をする

◆学校や仕事はサボらない

◆オナニーは家だけにして外ではやらない

この3つだけを守るようにして、回数を減らしました。

 

この3つを守ると、オナニーできるのは、帰ってきてから寝るまでの間と、休みの日だけになります。はじめは、そのあいだ中ずっとしないと損とばかりにオナニーをしていました。ルールを守ることがストレスになって、かえって回数は増えたかもしれません。それでも、「さぼった」「やらないといけないことをやらなかった」という罪悪感がなくなったので、回数が増えたことに対して罪悪感はありませんでした。そのうち、回数も減りました。

 

寝る時間を決めておくのは、ずるずるといつまでもやらないためです。

外でやらないために、出掛ける前と帰ってきてからすぐにしています。

今でもストレスが溜まると、オナニーの回数が増えますが、「やっていい時間」内に限っています。回数をやるために間隔を詰めてやるようになりました。