だんだん回数が増えていった

◆2回(幼稚園~小学校低学年)

朝晩の布団の中で。

 

◆5回(小学校高学年)

朝晩以外に、自室や風呂でもやるように。

 

◆7~8回(中学~高校)

朝と学校から帰ってと、8時~12時くらいの間にほぼ1時間おきに。

 

◆15回(大学1年)

1日で20回やって、さすがに翌日は10回。その翌日は復活してまた20回という繰り返し。

 

◆10回(大学2~4年)

毎日10回くらいしていました。

 

◆5回(社会人)

朝起きてすぐ、帰ってすぐ、寝る前の3回は必ずと、帰ってから寝るまでに1~2回楽しみます。

 

毎日5回は小学校高学年のころと同じです。中学生の頃からずっと、もっとやっていたので、5回でも少なく感じます。回数そのものよりも、遅刻もせずに仕事に行って残業もこなしていることが、それほどオナニーをしていないという錯覚を生むのかもしれません。それくらい、大学1年のときは酷かったのです。

 

オナニーへの依存度は、オナニー以外何もできない人ほど酷く、オナニー以外のこともできる人は、依存度は低いと言えるでしょう。回数ではないと思います。