オナニーをする理由は3つ

1.気持ちよくなりたいから

ふつうはこれが理由ですよね。オナニー依存症になると、気持ちよくなりたい衝動が他の人より強いようです。だから何度もやるようです。

 

2.特に理由なく

よく「やることないからオナニーする」や「暇だからオナニーする」と表現されますが、僕は少し違うと思います。

時間もある+誰も見てない=オナニー可能

です。オナニー可能な状態にあるのにオナニーをしないでいることができないのです。独りで居てオナニーしないのは、大好物が目の前にあるのに食べないのと同じです。「いくら大好物だって、お腹がいっぱいなら食べないよ」と言われるかもしれません。しかしそこが依存症の依存症たるところ。オナニー可能な環境なのにオナニーをしないで過ごすことができないのです。

僕が毎日、朝、帰ってすぐ、寝る前、の3回を必ずやらないのも、この「特に理由なく」と変わらないと思います。毎日やっていると、やらないで過ごすことができないのです。

 

3.ストレス解消のため

誰しも「今日は嫌な日だ。オナニーして寝る!」という日はあるでしょう。ただ、依存症の人は、何度も連続してやったり、しょっちゅう「ストレス解消のため」とオナニーをします。