読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナニーが止まらなくなるのが依存症

休みの日に一日中オナニーしたり、勉強したいのにオナニーが止まらなかったり、朝までオナニーをしてしまい翌日をだめにしてしまったり、依存症ならそういう経験があるでしょう。日常生活に支障が出て困っていることでしょう。

ふつうなら、何度もオナニーをしたら、翌日はオナニーをしないようです。しかし、依存症になると、翌日も同じ快感を得たくて、また何度もやってしまうのです。それが中毒なんでしょう。

やり過ぎて気持ちよくなくなっても、それでもオナニーがやめられなくて、ずっとちんちんをシコシコし続けるのです。こうなると「なぜシコシコしてるんだろ?」「なんのためにシコシコしてるんだろ?」と脳裏をよぎります。とにかく、ちんちんをシコシコしていないと落ち着かないし、イライラしてしまうので、気持ちよくなくても、とにかくずっとシコシコしていないと居られないのです。