読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナニーの回数を減らすのをやめた

朝一、帰ってすぐ、寝る前の3回とプラスαのオナニーを毎日しています。何も予定がない休日には10回くらいしています。三度の御飯と同じ、おしっこ行きたくなったらトイレに行くのが当たり前なのと同じように、当たり前のようにオナニーをしています。オナニーは生活の一部です。

「オナニーはやめよう」「オナニーの回数を減らそう」とすることはやめました。我慢すると何も手に付かなくなって逆効果だからです。

僕の場合、1回のオナニーに掛ける時間は数分なので、イッたあとの快感に浸っている数分を含めても、5回やっても30分もあれば足ります。(30分で5回連続は無理です。1回5分を数時間おきにという意味です。)

これくらいの時間なら、趣味の範疇だと考えるようにしました。「なんでこんなにオナニーばかりしてしまうのだろう」「オナニーばかりしてダメ人間になるのではないか」なんて考えないことにしました。ただ、「なんてオナニーは気持ちいいんだ!こんなことを何度もできて素晴らしい!」とだけ考えるようにしました。

問題は2つだけあります。1つは、家ではオナニーばかりして、仕事や勉強ができないこと。もう1つは、ストレスが溜まるとオナニーが止まらなくなることです。

仕事や勉強は、残業したりファミレスでやったりすることで1つめの問題には対応しています。

ストレスが溜まったときにオナニーが止まらなくなる問題は対応方法が見つかっていません。ただ、ひたすら気が済むまでオナニーをするしか、今は対応策が見つかっていません。

とにかく、オナニーを我慢せず、気持ちよくオナニーをして罪悪感や自己嫌悪は持たないことだと思います。だらだらとテレビを見るのをやめてオナニーの時間にあてるなど時間のやり繰りを工夫します。

1年のうち1~2ヶ月くらいは、ストレス解消のためにオナニー以外なにもできないオナニー猿と化してしまいますが、それ以外はとても気持ちいいオナニー生活を送っています。