読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナニー履歴書5(小学6年生)

履歴書

この歳から、

おっぱいを見る→勃起→オナニー

という流れができました。

グラビア見ながらオナニーしたり、発育の早い同級生のおっぱいを思い出しながら、何度もオナニーをしました。

この年から、少し机の前に座る時間が増え、その時間に比例してオナニーの回数が増えました。

オナニーがしたくてたまらなかったので、お風呂でもオナニーするのが日課になりました。変に自室にこもっていると、ちんちんをいじっているのがバレるのではないかと心配だったからです。これも、座ってオナニーができるようになったおかげでもありました。

漫画雑誌のグラビア、ダイレクトメールで送られてくる教材の宣伝に写ってる、綺麗なお姉さんや同い年くらいの女の子、なんでもオカズにしてやりまくりました。この歳から、毎日7回くらいやるようになりました。まだ、オナニーとは知らなかったので、やり過ぎと心配することもなく、何度も快感を楽しんでいました。

公園で友達と遊んでいるとき、茂みの中に捨てられたエロ本を見つけ、翌日ひとりで公園に行ってエロ本を見ながらオナニーをしたのも、この歳です。

このときもまだ、透明のヌルヌルが出るだけで精液は出ませんでした。ヌルヌルが多いときはティッシュで拭いて、そうでもないときは亀頭に塗って遊んだりして、そのままパンツを履いていました。

この歳では、玉袋にうっすらと毛が生えていましたが、目立ちませんでした。

修学旅行のときは、オナニーをしなくてもなんとかなり、帰って何度もやりました。