読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナニーが増えるきっかけ

ブログをさぼっていました。忙しかったからです。忙しいとオナニーの回数が減ります。朝一、帰ってすぐ、寝る前の3回だけです。終電で帰ってくると1日2回だけという日もありました。土日も出掛けてばかりで、ここ2週間ほどは1日に2~3回という極めて健全なオナニーの回数です。この回数なら「オナニーのやり過ぎ」と悩むこともないのに。

 

さて、オナニーの回数が増えた原因は何だったんでしょうか。そもそも、オナニーは大好きでした。だって気持ちいいですから。

ひとつのきっかけは、自分の部屋をもらえたことです。部屋にこもって、オナニーしまくりました。部屋にこもる理由に勉強を言い訳にしました。「勉強する」と言って部屋に閉じこもっては毎日7~8回オナニーをしていました。

そして、言い訳にしていた勉強がオナニー依存症を決定付けました。「勉強しなきゃ」「成績をあげなきゃ」と思えば思うほどオナニーが止まらなくなったのです。嫌なことから逃れるため、 ストレス解消のため、オナニーの快感に逃げるようになったのです。オナニーを幾ら繰り返しても受験から逃れることはできないので、出口のないオナニー地獄みたいなものでした。もう精液は出ないのに、気持ちよくもないのに、ちんちんをこする手が止まらなくなりました。夜遅くまで勉強してると思われてたようですが、夜遅くまでオナニーをしていただけでした。寝ればよいのに、オナニーがやめられなかっただけでした。毎日10~20回も繰り返す有り様でした。高校3年生の精力のすべてをオナニーに費やしていました。

自分の部屋で机に向かうとオナニーが止まらなくなる人は多いのではないでしょうか?

誰も見ていないし勉強は嫌だし、そんな環境でやることといえばオナニーでしょう。手軽だし、気持ちよくてすっきりしますからね。初めはそこから入って、そのうちやめられなくなるのです。

「勉強なんてしない!」と言えて、遊ぶことができればオナニー依存症にはならないでしょう。真面目あるいは良い子で居たいと思う人がオナニー依存症になるのだと思います。

僕は勉強を言い訳にして部屋に閉じこもっていたので、これからも部屋に閉じこもってオナニーするには成績をあげないといけないというプレッシャーがあったのかもしれません。