読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何度もオナニーできるのは幸せだと思っていた

朝晩と布団の中でオナニーをし、親の目を盗んではオナニーをして、親の目を盗めなかった日は布団の中で連続してオナニーをするようになり、小学校4・5年生のころには毎日3~5回くらいオナニーをするようになっていました。気持ちよくて病みつきになっていたのでした。

小学校6年生のころから、グラビアの水着写真を見ながらオナニーをするようになりました。

グラビアを見ながらオナニーをするとすぐにイケるので、とっても良いものを手に入れたと思いました。また、グラビアを見ると、イッたあとすぐでもまたイケるので、「こりゃすげー。何度でもできる!」と宝物になりました。

中学校に進学すると「勉強」という口実ができたので、晩御飯を食べて風呂に入ったら、自室にこもってずっとオナニーをしていました。もちろん、宝物のグラビアを見ながらです。何度でも「ビクーッ」となれるので、楽しくて気持ちよくてたまりませんでした。

中学に入学したときはまだオナニーとは知りませんでした。

そのせいか、罪悪感や心配なんて一切抱かず、「宝物のおかげと、自室にこもる口実ができたおかけで、何度も気持ちよくなれるようになった」と大喜びで、毎日毎日6~8回繰り返すようになりました。

普通ならここで「俺はおかしいんじゃないか?」「この先どうなっちゃうんだろう?」と不安に思うのでしょうが、僕は「何度も気持ちよくなれて幸せ!」としか思っていなかったのです。

中学1年の途中で、いつもやっているのがオナニーであると知って、恥ずかしくなりました。そして勝手に、みんな毎日何度もやってるものと思い込んでいました。

「オナニーを毎日やる」という友達が「すげーな」と言われているのを聞いて、みんな恥ずかしいから少な目に言ってるんだなと思っていました。僕も少な目に毎日1回ということにしておきました。

大人になってから、みんな少な目にオナニーの回数を言ってるのではなく、僕のオナニーが桁違いに多いことを知ったのでした。

中学高校と毎日6~8回のオナニーをして、大学生になったときには20回くらいするようになり、このときはさすがに「俺はどうなってしまうんだろう」と思いました。遅過ぎましたね。大学2年から社会人になって3年くらいは、毎日10回くらいやってましたが、今は3~5回に減りました。やっと、小学校4・5年くらいに戻りました。