中学の修学旅行

僕は精液が出る前からオナニーを毎日6~8回していたので、夢精はしたことがありません。そんなにしていたら当たり前ですね。

イクときに透明な液体が出るようになり、その量が増えていくとともに、ポカリスエットのように濁るようになって、変な臭いがするようになりました。

白くて臭いがするのが精液だとは知っていましたが、本物の精液を見たのは中学3年のときでした。

中学3年の修学旅行の3日間、1回もオナニーをしなかったのです。修学旅行から帰ってきて風呂に直行しました。パンツを脱ぐときに既にフル勃起。風呂場に入ったら、湯船のふたを開ける前にオナニー開始。10秒くらいで射精しました。このとき、ドロドロで真っ白な鼻水みたいな液体が大量に出たのです。初めていうくらい気持ちよくて、ドピュッドピュッドピュッと何度も出ました。風呂の壁に付いた精液を指ですくって「これが精液か」と、自分のちんちんから出てきたものなのに、ドロドロさと臭いに感動しました。

その精液に興奮して2回目のオナニーをしました。そして、風呂から出る前にもう1回。

修学旅行から帰ってきてすぐに勉強を口実に自室にこもるのもおかしいし、修学旅行中は寝不足だったので、その日は早く布団に入って1回だけオナニーをしたらすぐに寝てしまいました。

翌日、いつものように晩御飯のあと自室にこもり、精液が枯れるまで何度もオナニーをしました。いっぱい溜まっていた精液が出尽くしていく様がおもしろくてオナニーが止まらなかったのです。

このとき、「精液が枯れるてなくなる」とは微塵も思わず、「出る量は決まっていて、オナニーの回数が少ないと濃いのがいっぱい出て、何度もオナニーをすると精液が薄くなって量が減る」と思ったのでした。

なので安心して、その日以降も、精液を最後の一滴まで出し尽くしてから寝て、精嚢は常に空っぽに近い状態で過ごすのでした。