読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナニーするのは家だけ

普段は、

絶頂感が欲しくなる→勃起→シコシコ→10秒から2分でイク→10~15秒くらい震えてる→数分間放心状態

そんな感じでエロは無しです。

しかし、テレビでおっぱいとかエロいシーンが出てくると勃起します。そんなシーンは数秒ですが、勃起するには充分です。勃起してしまうと歯止めが効かないので、そのあとは普段と同じくオナニーをしてすぐにイキます。

今は、オナニーは家でするだけです。そういう生活習慣を身に付けたのと、加齢による精力減退、それと放心状態になるには家がよいからです。

大学1年生の頃は、授業中でもオナニーがしたくなり、我慢できずにトイレでオナニーをしていました。大学2年生以降は、エロさえなければオナニーしたくなることはなくなりましたが、露出の多い服装の女性なんかを見たらオナニーしたくなり、トイレでやっていました。

今でも、電車で座っていたら目の前におっぱいが大きな女性が立って、揺れるおっぱいを見て「オナニーしたい」と思うことがあります(おっぱいに触りたいと思うより、自分のちんちんをシコシコしたいと思うところがオナニー依存症です)。そういうときは、家に帰ってから揺れるおっぱいを思い出してオナニーをします。こういう状況に対応するためにも、帰って来たらすぐにオナニーをする習慣が役にたっています。「帰ったらできる。家でオナニーをして、誰も見ていないところで好きなだけ絶頂感に浸ろう」と思えるようになったのです。

エロがなくても外でオナニーをしていた→エロがあったときだけ外でオナニーをしていた→エロがあっても家に持ち帰ってからできるようになった

そんな感じです。ふつうの人は何とも思わないようなものでもオナニーしたくなるのは、オナニー依存症のせいかもしれません。