オナニー依存症の悩みは2つ

オナニーが止まらなくて困る場面は2つあります。

ひとつは、頭の中では「もう充分」と思っているのに、ちんちんをこする手が止まらないときです。他にやるべきこと、やりたいことがあるのに、オナニーをしてるだけで一日が終わるパターンです。家でオナニーをしてきたのに授業中にオナニーをしたくなるのも、この例に含めてもよいと思います。

もうひとつは、もっとオナニーをしたいのに、勃ってくれないとき、イッてくれないときです。やり過ぎの状態です。

オナニー依存症に悩むほとんどの人は、ひとつ目のパターンで悩んでいると思います。ふつうは、イカなくなるほどやったらやりたくなくなるはずです。ふたつ目のパターンで悩んでいる人は、依存症が進んでいると思います。