早漏がオナニーの回数を増やす

僕は超早漏です。イキたいと思うと、10秒~2分でイッてしまいます。

おそらく、中学生になる頃には、この超早漏が確立されていたと思います。幼稚園の頃から、オナニーということも知らずに、とにかく気持ちよくなりたいから、ちんちんをこすっていました。

絶頂に達したいという欲望と、親に見つかる前にイカないといけない焦りから、とにかく早くイク練習をしていました。

それが、足ピンであり、裏すじへの刺激であり、気分を高めることでした。

中学生になる頃には、ちんちんが勃起してしまい、たまらずにパンツを下ろしたら10秒でイケるようになっていました。

初めてSEXをしたときも早漏で、そのあともずっと早漏です。勃起してしまうと、とにかく早くイキたくて、ちんちんのムズムズが止まらないのです。「落ちつけ」と頭の中で考えても、ちんちんはヒクヒクするし、我慢汁は出てくるはで、暴発寸前になってしまうのです。暴発寸前になってしまうとひとこすりでイッてしまいます。暴発寸前まで我慢してひと擦りでイクのなら、すぐに挿入して10擦りでイッたほうがましというのが僕のSEXです(もう何年もSEXはしていませんが)。

いまだに、オナニーをするときは早漏で、「オナニーしたい」「イキたい」と思うと、10秒~2分くらいでイッてしまいます。オナニーでは一切我慢はせずに、イキたい欲望を叶えています。

そんなオナニーのやり方が、オナニーを手軽なものにし、回数が増えてしまう原因になっているのだと思います。