読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供のオナニー

子供が性器を触るのはよくある話です。保育士や幼稚園の先生には見慣れた光景だそうです。

人間は雑誌やネットからSEXの知識を得ますが、本来、動物は誰からも教わらずにSEXをするものです。子孫を残すためには必須です。

男も女も、性器を触ると気持ちいいから、気持ちいいところ同士を擦り付けあうことがSEXにつながります。

排卵日や安全日なんて知識がなければ、何度もSEXをしないと妊娠しません。

男も女も性器を擦り付けたい衝動に駆られるのは当たり前のことだし、何度もやるのも、子孫を残すために必要なことなのです。

 

子供でも、偶然に性器を擦ると気持ちいいことに気付きます。大人も長い時間、事務作業をすれば自分で肩を揉むでしょう。子供の性器いじりなんてそんなものでしょう。そう簡単にはイカないから、常習化しないのがふつうです。

しかし、イッてしまうと話は別です。あの強烈な快感は病み付きになるのでやめられなくなります。

イクには時間とコツが必要です。大人でも床や机に性器を擦り付けるだけでイクにはコツが必要です。そのコツを身に付けさせないことです。叱ったり、見つけるたびにやめさせていると、見つからないようにやるようになります。大人だって「オナニーもSEXも禁止」と言われてもやめられないです。子供に「アソコは触ったらダメ」と言ったところでやめられないのも同じです。叱ったり禁止すると、やめられないから親に隠れてやります。隠れてやるのを続けていると、そのうちにイクことを覚え、イクためのコツを覚えます。そうなると、もうやめることは不可能です。

性器を触り始めたら、一緒に遊んで気をそらしたり、おやつを食べさせたりするのがよいと思います。

そして、気を付けなければならないのは、「寝る時間だから寝なさい」と言うことです。眠くないのに布団に入れられたら、性器をいじることしかやることがありません。僕はオナニーがしたかったので、布団に入るのは好きでした。

子供が布団の中で汗だくになっていたら、間違いなくオナニーをしています。だって、汗だくになるくらいなら、いくら子供でも、寝ていないのであれば布団をめくりますよ。布団の中で寝ないで汗だくになってやることといえば、オナニーしかありません。汗だくになるまでやっているなら、イクことを知ってしまっているでしょう。イクことを知る前は汗だくになるほど必死にしません。汗だくになるほど必死にやるのは、イキたいからなのです。

僕も布団の中で汗だくになってオナニーをしていました。僕が汗だくになるのは、二度三度と連続してイキたいのにイケないときでした。連続イキをしたくて汗だくになって擦っていました。

 

子供の性器いじりはよくあることで一過性で終わる。しかし、イクことを知ってしまうと100%オナニー依存症になる。イクことを身に付けさせないためには、隠れてやらないようにすべきである。

それが、オナニー依存症の僕が出した結論です。