まだオナニーしたくてたまりません

最近、道を歩いていると精液のにおいがします。原因は僕ではありません。椎の木が原因ですね。椎の木とは、秋になるとどんぐりを落とす木です。栗の花も精液のにおいがしますが、都会ではあまり見かけませんね。

 

まだ、オナニーしたい衝動が止まりません。そして、エロい気持ちが止まりません。ムラムラしてしまいます。

電車や街中で女性を見かけると、うなじや胸、お尻や脚をなめるように見てしまいます。それで痴漢したくなったり襲いたくなったりは、まったくしません。そんなことより、とにかく自分のちんちんをしごきたいです。

帰ってきたら、まず思い出しオナニーです。そのあともムラムラが止まらないので、ネットでエロ動画を漁って、イキたくなったらシコシコして射精しています。

いつもは、帰って来てすぐにオナニーをしたら、寝るまでのあいだに1回だけして、あとはベッドの中でオナニーをして、絶頂感の中で寝落ちするのが習慣です。

今週は、寝るまでのあいだに3回くらいオナニーをしています。たかだか、普段より2回多いだけですが、ものすごくオナニーの回数が増えたような錯覚をおこします。

おそらく、頭の中が常にエッチなことでいっぱいだからでしょう。

普段はエロい気持ちなど一切なく、イッたときの絶頂感を味わいたくなって、シコシコします。オナニーを始めるのは割と突発的で、イッたあとの余韻を長く楽しみます。

今週は、ムラムラが止まらなくて、常にエロを求めています。そして、エロに反応して勃起したら、しばらくそのままエロ鑑賞を続け、イキそうになったら最後はシコシコでフィニッシュしています。

このオナニーのやり方は、社会人になってしばらくまで、30歳くらいまでのオナニーのやり方でした。ムラムラして、家に居るあいだはずっとエロ鑑賞をしてずっとオナニーをしていました。最近は、もうなくなっていたムラムラ感です。なぜだかわかりませんが、そのうちおさまるだろうから、それまでオナニーをしておきます。

我慢はできませんし、気持ちもよくなければ勃起もせず、まったくイク気配のないちんちんを悲壮感を漂わせながら、「イッてくれ~、快感をくれ~」と祈りながらこすり続ける病的なオナニーではありませんし。

気持ちよくイケるオナニーなら、やっておきたいです。だって、あの気持ちよさが大好きなんですもの。