読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強が難しくなるにつれオナニーは増えていく

中学生になった頃は、勉強を1時間くらいするとエロ本を見ながらオナニーをしてスッキリしていました。

スッキリしたら、また1時間くらい勉強して、それからまたエロ本を見てオナニーしてスッキリしていました。

それが、高校受験の直前になると、勉強が思い通りに進まなかったり、行き詰まったりするとオナニーをするようになりました。

挙げ句の果てには、勉強の合間にオナニーをするのではなく、もうオナニーだけしかできなくなりました。

せめてもの抵抗で、オナニーしながら記憶ものだけはやろうとしました。そうです、この頃から、エロい気持ちはないのにオナニーしていました。「鳴くようぐいす平安京に」と言いながらオナニーするなんて、変ですよね。

それ以来、ストレスや嫌なことがあるとオナニーをするようになったと思います。

高校の中間期末試験、そして、大学受験はオナニーとの戦いでもありました。中間期末試験でオナニーをせずに勉強できないかと色々試しました。

「もう無理」というところまでオナニーをしてから勉強してみたけど、やはりオナニーしたくなるのは変わりなく、イケないのでかえって辛かったです。

ちんちんを触れないように手を縛ったこともありました。ちんちんを机に擦りつけてしまうだけで、これも解決策にはなりませんでした。

結局は、家ではオナニーするだけして、勉強は学校や予備校でやることにしました。

そのほうが勉強がはかどるというのもありましたが、オナニーしていても罪悪感が減り、気持ちよくイケました。気持ちよくイケると満足感が高く、徹夜でオナニーすることもなく、すっきり寝つけてすっきり起床できました。起きてすぐのオナニーも1回で満足できました。

学校や予備校だけでなく家でも勉強できたら、もっと勉強できたのでしょうが、僕にはオナニーが必要でした。ある程度オナニーしておくことが、勉強をするためには必要でした。

オナニーを始めてしまうとやめるのが難しいので、僕は勉強する場所を変えたのです。

それと、休みの日は朝から予備校や図書館に行って、オナニーは帰ってからにしました。朝からオナニーを始めてしまうと止まらなくなって、外出できなくなるからです。

帰ってからオナニーをしても、徹夜でオナニーすることはなかったので、このほうが効率的です。帰ってからオナニーをすると「昼間に勉強したから」と罪悪感がないから、気持ちよくイケて、すっきりして寝られたのだと思います。