オナニー依存症と共に生きる

ちゃんと仕事はしていて、家も買えました。でも、暇があればオナニーばかりしています。独身♂です。

毎日5回もオナニーしたくなる理由

「毎日5回オナニーをする」に対する反応は、「よく、そんなにできるな」です。

誰でも寝てるあいだに勃起しています。"朝勃ち" は起床する瞬間に勃起するのではなく、寝てる間に勃起しているところで目覚めるだけです。余談ですが、インポテンツの診断に、"ペニスに紙を巻いて寝る" というのがあります。起床して紙がちぎれていたら寝ているあいだに勃起したということです。この場合、インポテンツは心因性であると診断されます。

勃起する能力があるのにオナニーをしない理由は、「オナニーする気にならない」からです。ノビをしたときに勃起することがありますが、そこでオナニーをしたくはならないのがふつうです。エロいシチュエーションだと、二連発でSEXをすることは誰でもあるはずです。でも、"たかがオナニー" で二連発はしないのがふつうです。

その ”ふつう” とは違って、僕は何度でもオナニーがしたくなります。そこが他人とは違うのです。

男は射精すると興奮が急に覚めます。俗に言う "賢者タイム" です。この賢者タイムがないと、隣に女性が居る限り延々とSEXが続いてしまうのを防止する機能です。受精させるためには1回の射精で充分ですし、続けてSEXをするとせっかく膣内に射精した精液を膣外に掻き出すことになり、受精にはかえってマイナスです。ピストン運動は、ペニスの "カリ" で先に射精された精液を掻き出してから、自分の精液を注入するための行為だと言われています。

そして、次にSEXがしたくなるのは翌日です。排卵日や安全日という知識がなければ、確実に妊娠するために毎日SEXすることです。子供が欲しければ、昔はそうしていました。

なので、毎日1回オナニーあるいはSEXするのが男としてふつうであると思います。毎日5回もやるのは異常なのだと思います。男なら "ずっとSEXしたかった念願の女性" とSEXができたら、興奮が止まらず1回のSEXではおさまらず連発でするはずです。それは特別なことで、毎日毎日5回もやること、SEXでなく "たかがオナニー" が止まらないのは異常なのでしょう。

『  なぜ、毎日5回も、しかもSEXでなくオナニーをしたくなるのか? 』

それは、オナニーが "性的行為" でなくなってしまっているからだと思います。

・ストレス発散の道具になっている

・生活習慣になっている

・オナニーをしないと落ち着かないからやるだけ

そういう目的にオナニーを利用しているからです。

"エロに刺激されて” や ”エロいシチュエーション” がきっかけでなく、単に ”オナニーしたい!” とだけなってしまうのです。

”オナニーしたい” となると、ペニスがむずむずして勃起してきて ”早くこすって気持ちよくなりたい” となってしまうのです。

それが、毎日何度もオナニーをする人の症状です。

おかずを探しは止まらない。でも、おかずをやめてもオナニーは止まらない

今でこそ、おかず無しでオナニーをすることのほうが多いですが、大学生の頃はオナニーするのとおかず探しに必死でした。

大学をさぼって一日中オナニーをしていたのですから、勃起しなくなるし、ちんちんの感覚もなくなってきます。そういうときは1~2時間だけ寝て復活させて、またオナニーをしていました。連続して3時間以上寝ることもなく、狂ったようにオナニーをしていました。いや、完全に狂ってました。

そんな必死なオナニーですから、援軍としておかずが必要です。エロ本やエロビデオを見るのがやめられませんでした。それを見ながらちんちんをしごいて、視覚とちんちんの刺激と「いきたい病」に冒された脳みその合わせ技で絶頂に達していました。

常にエロを求め、常にイクことを望んでいる状態でした。

このように、エロまみれオナニーまみれになってしまうと、もはや「エロが先かオナニーが先か」はわからなくなります。だいたいは、「淫乱」「色魔」という言葉が頭に浮かび、まずはエロを遠ざけようとします。エロ本を捨て、パソコンを開かないようにするのです。

でも、オナニーを我慢できないのです。エロから遠ざかっているのに、オナニーをしたい衝動がこれまで通り押し寄せて来るのです。それがオナニー依存症です。異常なスケベではなく、異常なオナニー中毒なのです。

おかずが先か、オナニーが先か?

オナニーのおかずは何ですか?

オナニーのおかずが決まっているなら、「オナニー依存」ではなく「おかず依存」つまり「ポルノ依存」の可能性が高いですね。

おかずを見たくてたまらなくて、おかずを見たら、そりゃオナニーをせずに居られないのは当たり前です。おかずを見ないようにすればオナニーは減るでしょう。でも、おかずを見ないようにするのが難しいので簡単には治らないでしょう。

僕の場合はオナニーが先です。おかず無しで射精できるならおかず無しです。一度射精したのにもう一度やりたいときには、おかずの力を借ります。おかずはそのときの気分で変わります。

受験生のときは、数学の問題集がおかずみたいなものでした。数学の問題を解き始めるとオナニーがしたくなり、おかず無しのまま一気に擦って射精していました。だから、数学の問題集がおかずみたいなものなのです。そういう受験生は多いのではないでしょうか。そうなってしまうと、問題集や参考書がエロ本になったようなものです。問題集を開くとオナニーを開始してしまう身体になってしまいます。

オナニーは生活習慣です。オナニー依存症は生活習慣病です。オナニーをしないと寝られないのも習慣ですし、勉強しようとすると必ずオナニーをするのも習慣です。