オナニー依存症と共に生きる

ちゃんと仕事はしていて、家も買えました。でも、暇があればオナニーばかりしています。独身♂です。

出し尽くすまでオナニーをする

オナニーをしている最中も気持ちいいですが、僕は射精する瞬間と、そのあとに全身に来る痙攣と、身体がいうことを聞かなくなる感じが大好きで、それを目指します。

なので、イクのを我慢したり焦らしたりすることは一切せず、一直線に絶頂を目指します。もの足りなければ、何度もやればよいだけです。だから、僕のオナニーは時間が短く回数が多いのです。幼稚園のときからの習慣でそうなりました。今さら軌道修正は無理です。

僕は、もうできなくなるまでオナニーをしたいです。まだできるのにしないでおくことがもったいなくて、やめられないのです。

毎日、もうできなくなるまでオナニーをして、力尽きて寝られれば幸せなのですが、社会人になると時間がなく、平日は余力を残したまま寝て、休日にやり尽くすのがパターンになっています。

土曜日はいつもと同じ7時頃に目が覚めるのでオナニーをして二度寝をします。しばらくして目が覚めたら、もう1回オナニーをして布団から出ます。洗濯したり掃除したりして、落ち着いたところで3回目のオナニーです。昼御飯を食べに行き、帰って来たらオナニーをして昼寝をします。起きたら5回目のオナニーです。そのあとはパソコン前に座ってエロ動画を見ながらオナニーをします。この辺りから、エロの力やちんちんへの刺激に頼らないとイケなくなります。2回ほど射精すると、ちんちんの限界も感じるし、気持ちも「もういいや」となるので、一旦は打ち止めです。

この時点で5~6時くらいです。平日ならまだ働いている時間です。テレビを見たりしていると、やっぱりまたオナニーがしたくなってきます。オナニーを始めるのですが、なかなかイキません。足ピンして速く擦って、ちんちんに神経を集中させてイキます。無理矢理に射精まで持ち込んだ感じです。そんなことを何度か繰り返して寝ます。

こういうふうに、たまには「最後の最後までやり尽くした感」を得ないと満足できないのです。

中学生の頃のオナニー

中学生の頃は、

朝にオナニーをしてから学校に行き、

帰って来たらオナニーをして昼寝、

晩御飯を食べてお風呂に入ってお風呂でオナニー、

そのあと8時くらいから自分の部屋にこもって、8時・9時・10時・11時・12時の1時間おきのペースでオナニーをしていました。

 

幼稚園のときから、ちんちんをこすってるとビクーッとなってめちゃくちゃ気持ちよくなるのを知っていて、毎日何回か快感をむさぼっていました。小学生の頃は「もっと気持ちよくなりたい」と思っていたので、自分の部屋にこもって何度も気持ちよくなれることがとてもうれしくて、何度もビクーッとなっていました。

これが回数が多いとか、異常だとは初めは知りませんでした。知ったところで、今さら治せないので「俺は俺」と割りきって、何度もオナニーをしていました。

中学生のころは毎日8回くらいオナニーをしていたとはいえ、オナニーをするとすっきりして勉強ができていました。オナニーをしたら1時間勉強して、またオナニーをして勉強を繰り返していました。

仕事中にオナニーをする人は多い

心理学者が語る、仕事中に”オナニー休憩”するべき

NYに“オナニーBOX”登場 米国人はあちこちで射精するの?

ネット記事ですから、100%は信じられないですが、仕事中にオナニーをする人は多いです。

僕も20歳代の頃は会社のトイレでオナニーをしていました。自分がそうだったという色眼鏡で見ると、10人に1人くらいは会社のトイレでオナニーをしているように見えてしまいます。