オナニー依存症と共に生きる

ちゃんと仕事はしていて、家も買えました。でも、暇があればオナニーばかりしています。独身♂です。

勉強をあきらめるとオナニーは止まる

ちんたら勉強するのはいいんだけど、切羽詰まって勉強しようとするとオナニーが止まらなくなることに気付きました。

「じゃあ、オナニーができないようにしよう」と考えました。手を机に縛って机の下まで届かないようにしたり、ズボンのウエストを紐でガチガチに結んでほどけなくしたりしました。結果は大失敗。発狂しそうになるだけでした。

それで辿り着いた結果が、「あきらめる」でした。

期末テストが終わったら、夕方まで学校で勉強します。家に帰ったら自分の部屋でオナニーに耽ります。「勉強できたらラッキー」くらいの軽い気持ちだと、少しは勉強できます。といっても少しなので、記憶ものとか簡単なものに限ります。好きなだけオナニーをして、深夜0時には寝ます。

この方法だと午後の時間しか勉強できませんが、まったく勉強しないよりはマシです。一番のメリットは、体調が悪くならないことです。徹夜でオナニーをすると、昼間は眠いしダルいです。

 

 

 

 

 

勉強しようとするとオナニーが止まらなくなる

中学生になって、自分の部屋でオナニーができるようなり、毎日6~8回のオナニーをして幸せを感じていました。それに異変が起こったのが、高校受験の前のことでした。

勉強しようとしてもまったく手に付かず、朝までオナニーを続けるようになってしまったのです。オナニーをしてすっきりしたので勉強しようとするのですが、またすぐにオナニーを始めてしまうのです。「こんなんじゃダメだ」と頑張ろうとした結果、まったく勉強ができないまま朝を迎えてしまうのです。

朝までオナニーを続けると、気持ちは良くなくなるし、勃たないし、イカないしとなります。それでも、ちんちんをこすり続けてしまうのです。

翌日は大丈夫だろうと勉強を始めるのですが、やっぱりオナニーが止まりません。前日のオナニーのし過ぎのせいで初めからイキにくいのに、それでもやっぱりちんちんをこすり続けてしまうのです。

気持ちはよくないのに、頭ではやめようと思っているのに、ちんちんをこする手が止まらなくて、とても惨めな気持ちになりました。「おかしくなってしまった」「どうなってしまうんだろう」と思いました。

そんな思いも、高校受験が終わったらどこかに行ってしまいました。再度思い出すことになったのは、高校1年生の1学期中間テストのときでした。

中間テストの前日は徹夜でオナニーをして学校へ行き試験を受けました。午前中でテストが終わって家に帰ってきたら寝ます。晩御飯のときに起こされ、お風呂に入って勉強開始です。やはり、朝までぶっ続けでオナニー。徹夜で学校に行きました。そして昼に帰って来て寝てから朝までオナニー。中間テスト期間中はずっとそうでした。

勉強はまったくできないし、試験は結果を待つまでもなく手応えが無いし、気持ちよくなくなってもちんちんをこする手が止まらないのが情けないし、もう散々でした。

「今度こそは勉強するぞ」と臨んだ期末テストも、やはりオナニーをし続けてるうちに終わりました。10時間くらいずっとちんちんをこすり続ける自分が情けなかったです。気持ちよくないのに、やめたいと思っているのに、ちんちんを10時間もこすり続ける自分を「これは絶対におかしい」と感じました。「反応しないちんちんをこすり続けるのは、自傷行為に近いのではないか?」とも思いました。なぜ、拷問のようにちんちんをこすり続けるのかわからないで居ました。

中学生のオナニー

中学生になって自分の部屋をもらったので、部屋でオナニーをしまくりました。

学校から帰ったらオナニーをして昼寝。晩御飯を食べてお風呂に入り、お風呂でオナニーをしていました。

そのあとは、自分の部屋に行ってすぐにオナニー。あとは、寝るまで1時間おきにオナニーをして、最後は布団の中でオナニーをして寝ていました。

この頃はまだ、オナニーをしたら1時間くらい勉強ができました。

成績がよければ部屋にこもる理由になるので、オナニーをするだけでなく勉強もしていました。