読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エロくなくてもオナニーをする

中学から大学くらいまでは、エロ本やエロビデオを見ながらオナニーしまくりました。

それ以前や現在は、そういうオカズ無しでオナニーをします。

エロ本を見ながらオナニーをしていた頃も、エロ本を見て勃起したら、シコシコしてすぐ射精していました。エロ本を楽しむこともなく、シコシコしてる間の快感を楽しむことなく、とにかく射精を目指して一直線でした。エロ本やエロビデオは勃起させるための道具でした。実際、エロビデオの再生ボタンを押したら、その先を想像しただけで勃起して、タイトルだけでイッてたくらいですから。

 

幼稚園の頃からオナニーをしていた理由は、エロい気持ちがあったからでなく、イク感覚が欲しかったからです。幼稚園の頃から、「ちんちんを触っていたら気持ちいい」という類いのものではなく、とにかく絶頂感を得るためのオナニーでした。下腹部に力を入れ、足ピンで、ゆっくり"皮オナニー"を始めて、「イケるかも」と感じたら手を動かすスピードを上げて「イク~ッ」という感じで果ててました。

今は、「イキたいな」「オナニーしたいな」と思うだけで勃起します。エロビデオがなくても勃起するのなら、もうエロビデオは要らないのです。もうこれは究極の条件反射です。今は、エロ動画を見ながらオナニーするのは、勃起しないのにオナニーしたいときだけです。つまりは、ストレス解消のため、気持ちよくなくなってもまだオナニーをするときだけです。