オナニーでラリる

特に予定がない休日に、「今日はオナニーしまくるぞ!」と思うことがあります。

イッたあとの放心状態の中で、丸まって余韻に浸ります。「さっきのは気持ちよかったな。また気持ちよくなりたいな」と思いながら、ちんちんをいじります。ここでは、オナニーするのではなく、単に触るだけで刺激はしません。手にちんちんが勃ちそうな感覚が伝わってきたら、一気にシコシコして再びイキます。

何度も何度もイクと、頭がボーッとしてきます。こうなると、オナニー以外は何もできなくなってしまうのですが、予定はないから一日中オナニーすると決めたので、それでよいのです。

これは大学1年生のときに知ってしまった、オナニーでラリる方法です。

中学や高校のとき、新しいエロ本が手に入ったときには3回連続でオナニーをしていました。そういう連続イキとは違うのです。きっちりイッて、充分に快感に浸る。それを何回も繰り返していると、ラリってくるのです。

大学1年生のときは、延々とやっていましたが、最近は朝から始めたら、夕方には無理矢理感が出て来て気持ちよくなくなるので、そこで終了します。

これをやると、朝から夕方まで横になったままでオナニーしかしないので、本当に1日が無駄になります。それでもいいんです。何も予定がない日に、たまにやるならいいでしょう。

一日中家に居る日は、寝起きにオナニーをして、二度寝してまたオナニー。洗濯してオナニー、昼御飯を食べてオナニー。というように、合間合間にオナニーをするだけです。オナニーがしたくならなければやらないし、したくなったら合間を見てオナニーをします。

オナニーでラリるのはこれとは違います。廃人になるのです。女性だと連続イキでそうなる人も多そうですが、男では珍しいのかな?