読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普段のオナニー、沈んだときのオナニー

 

普段は、ちんちんが勃起したときに一気にこすって射精しています。いつもやっている朝や、帰ってすぐ、寝る前などは条件反射のように勃起します。

こんなふうに、オナニーしたくなるときと勃起するときが一致しているときは気持ちよくオナニーができます。

勃起しないのにオナニーがしたい衝動がおさまらないとき、「オナニーやめたい。オナニー依存症を治したい。」と思うのです。

家に居るときは2時間おきくらいにオナニーをしています。2時間おきくらいだと、復活して勃起するので、気持ちよくイケます。気持ちよくイケるとはいえ、オナニーばかりしていると「オナニーばっかりしているな」と自己嫌悪になってしまいます。家に居るとオナニーばかりしてしまいます。家に居てオナニーしないのは無理です。忙しくて家に居る時間が短いほうがよいです。最近は仕事がほどほど忙しくて、9時くらいに帰って来ることが多いです。土日も出掛ける日が続いていて、平日も休日も3~4回のオナニーです。これくらいがよいですね。

1日3~4回の日が続いて、月に2日くらい、朝から晩までずっとオナニーをして快感に溺れることができたらベストです。

 

この一日中快感に溺れるオナニーが危険なのはわかっています。この体験が、嫌なことがあったときやストレスから逃れたいときに、「あの快感の中に逃げよう」と、オナニーを続けてしまう原因なのです。嫌なことから逃れるオナニーは普段のオナニーと違って、やりたくないのに、「沈んだ気持ちを何とかしてくれ~」と間髪を入れずに、ひたすらちんちんをこすり続けてしまうのです。