オナニーの時間は必要です

中学から高校まではエロ本を見ながら、大学生になるとエロビデオを見ながらオナニーしまくりました。

エロビデオを借りてきてビデオデッキに入れると、既にちんちんは勃起しています。たまらずシコシコしたらすぐに射精してしまいます。そのときエロビデオはというと、まだ映倫のマークを表示しています(笑)

そんな調子だから、1冊のエロ本、1本のエロビデオがあれば何度でもオナニーできてしまいます。なので、エロ本やエロビデオを買い漁ることはありませんでした。

今はインターネットでエロ動画がたくさん見られます。若い人たちは、ネットでエロ動画を見てムラムラしたのがオナニーのきっかけという人も多いのかもしれませんね。

エロ動画がオナニーを覚えたきっかけだったなら、オナニーのためにエロ動画を漁ることになるでしょう。しかも、エロ動画の中で1回イクたびに自分も1回イクというペースなら、オナニーをするために何本もエロ動画を探さないといけなくなりますね。しかも、1回のオナニーに掛ける時間が長くなる。エロ動画を探すのに時間を掛け、オナニーの時間も長くなれば「オナニーは時間の無駄」と考えるかもしれませんね。

性癖というか、気持ちよくなる方法というか、それは人によって違うので、変えられないと思います。オナニーくらい自分が好きなやり方でやればよいと思います。

オナニーに掛ける時間が長かろうが、それが気持ちいいなら、時間を掛けていいと思います。「気持ちよくなりましょうよ」と思います。

お風呂の時間、お化粧に掛ける時間、テレビを見る時間、削れる時間は幾らでもあります。オナニーの時間を捻出する方法はあります。いちばん好きなオナニーの時間を削ることはやめましょう。ストレスがたまります。