オナニー依存症と共に生きる

ちゃんと仕事はしていて、家も買えました。でも、暇があればオナニーばかりしています。独身♂です。

僕の依存症

オナニー依存症とひとり暮らし

大学受験を終え、めでたく大学生になってひとり暮らしを始めました。 このとき、オナニー依存症は最悪の状態になります。 幼稚園の頃から、親の目を盗んではオナニーを繰り返していました。その親から離れ、誰の目を気にする必要もなくなったので、一日中オ…

1日に何度もオナニーできるのか?

幼稚園の頃から毎日オナニーをし、小学生の頃には毎日数回やるようになり、中学生になったらエロ本見ながら毎日6回以上やるようになったように、徐々に回数が増えていき、自然と毎日6~8回のオナニーをするようになり、それが当たり前になりました。 男は…

オナニーをはじめたきっかけ

幼稚園の頃からオナニーをしていたのは覚えていますが、どこでオナニーを覚えたのかまではわかりません。 朝、母親に起こされたあと、布団の中でオナニーをします。ブリーフの上からちんちんをさすっているうちにビクーッという感覚が来てイッてしまうのです…

一日中オナニーをする休日にも、満足する日と後悔する日がある

休日に一日中オナニーするのは好きです。趣味はオナニーですから、一日中趣味に没頭できるのは幸せです。しかし、一日中オナニーをする休日でも、ダメな休日があります。 ひとつは、やらなけれぱならないことがあるのに、オナニーがやれられない日です。やら…

オナニーのきっかけ

1.幼稚園のときにちんちんをこすると気持ちよくて、そのうちイクことを知った。 これを知ってから、親の目を盗んではオナニーをしていました。「親が居ない、今がチャンスだ!」と毎日、隙を見つけてはオナニーをしていました。このときから、毎日複数回や…

オナニー依存症は自分でオナニーの回数をコントロールできない

オナニー依存症は ●オナニーをやめたいと思っているのにやめられずに、ずるずるといつまでもオナニーをしてしまう ●それほどオナニーをしたいというわけではないのに、オナニーを始めてしまう ●オナニーのし過ぎだと思っているのに、オナニーをしてしまう そ…

毎日オナニーを繰り返していると段々回数が増えていく

幼稚園の頃から朝晩と布団の中でオナニーをしていました。小学生になると親の目が離れることもあって、昼間にも親の目を盗んではオナニーをするようになっていました。 そんな状態で中学生になり、個室をもらい、「勉強」という個室にこもる口実をもらった僕…

オナニーしてると言うより生活習慣でしかない

朝起きてすぐと寝る前のオナニーは幼稚園のときからの習慣です。 仕事から帰って来てすぐのオナニーは、そもそも「帰ったらオナニーできるから」と、外でオナニーしないためのご褒美的なものでした。 今では、朝のオナニーでイッて絶頂を得ないと目が覚めま…

原点

このブログを書いていると、過去を思い出したり、自分をみつめ直すことになります。オナニーを始めたきっかけ、そのオナニーをやめられない理由、オナニーが好きな理由、オナニー依存症の嫌なところを洗い出すことにつながっています。そこから、オナニー依…

たった1分で終わるオナニー

僕はイクときの快感が欲しくてオナニーをします。イキさえすればよいので、「もっと気持ちよいオナニーの仕方」には興味がありません。何度もイキたいので、何度もイケる方法には興味があります。エロ動画があれば充分です。 超早漏ですが、すぐにイキたい僕…

オナニー依存症は治ったのか?

僕のオナニー依存症は治ってないですね。 忙しくて家に居る時間が短いときはオナニーの回数は少なく、家に居る時間が長いときはオナニーの回数が多いです。 家に居る時間が長いからと言って、ずっとオナニーをし続けているわけではありません。オナニーがし…

ムラムラは少し落ち着きつつあるかも

ゴールデンウィークの最後の土日にオナニー三昧の生活をして以来、ムラムラが止まりません。もう一週間以上続いています。 仕事から帰ってきたらオナニーをします。30分くらいは大丈夫ですが、それを過ぎるとまたムラムラしてきます。そこでネットでエロ動画…

まだオナニーしたくてたまりません

最近、道を歩いていると精液のにおいがします。原因は僕ではありません。椎の木が原因ですね。椎の木とは、秋になるとどんぐりを落とす木です。栗の花も精液のにおいがしますが、都会ではあまり見かけませんね。 まだ、オナニーしたい衝動が止まりません。そ…

学校(仕事)はさぼらない、外ではしない、徹夜でしない

「家ではオナニー、外ではしない」しないという習慣が破綻していた時期があります。それは、大学生のときです。特に大学1年生のときが酷かったです。 ひとり暮らしを始めたら、誰にも邪魔されることがないのがうれしくて、オナニーしまくっていました。そう…

大学生になって勉強しなくなったのは燃え尽き症候群ではない

オナニーをするために自室にこもりたくて、「勉強」をその言い訳にしたくて、オナニーの合間に勉強もしました。 大学生になってひとり暮らしを始めたら、もう言い訳なんて必要ありません。誰の目を気にすることもなく、24時間好きなだけオナニーができます。…

オナニー依存症は毎日オナニーするのが当たり前

「オナニーをするために生きている」 「オナニーをするために産まれてきた」 と言えば言い過ぎかもしれませんが、それくらいオナニーばかりしています。 来る日も来る日もオナニーばかりやって、よく飽きないなと、自分でも思います。しかも、それを何十年も…

オナニーを覚えた時期と依存症

小学校5年生か6年生になると、おっぱいや水着姿に反応して、大人のように立派に勃起するようになります。 大人でもノビをしたときなど、エロい気分ではないのに勃起することがありますが、エロい気分がない勃起と違って、エロい気分の勃起はちんちんがムズ…

暇さえあればオナニーのどこが悪い?暇なんだからいいじゃないか

僕は「暇さえあればオナニーをする」という生活を送ってきたに過ぎないのかもしれません。 幼稚園で快感を覚えて布団の中で毎日オナニーをし、小学生のときには、布団の中以外に留守番しているときなどにもオナニーをし、親の目が無くなった隙には必ずオナニ…

オナニー依存症の大人はこんな生活をしています

平日 AM7時、起床。布団の中でオナニーをしてからシャワーを浴びて、8時頃に家を出ます。 夜は8時くらいに帰ってきます。忙しい日はもっと遅くなりますが、これが標準です。帰ってきたら、まずオナニー。晩御飯は食べて帰って来る日と家で食べる日があります…

そして現在は

今では、寝起き、帰ってすぐ、寝る前の3回+αでおさまっているので、オナニー依存症は影を潜めていると、勝手に思っています。 1年に1回くらい、ストレスのせいで夜中の3時くらいまでオナニーが止まらなくなる日が続くことがありますが、それくらいは仕…

幼稚園と大学1年生が鍵だった

僕のオナニーに大きな影響を与えたのは、幼稚園でイクことを覚えたことと、大学1年生のときに引きこもってオナニーをしたことです。 幼稚園のときから、親の目を気にしながらオナニーをしていました。大学生になってひとり暮らしを始めたら、親の目なんて無…

オナニーでラリる

特に予定がない休日に、「今日はオナニーしまくるぞ!」と思うことがあります。 イッたあとの放心状態の中で、丸まって余韻に浸ります。「さっきのは気持ちよかったな。また気持ちよくなりたいな」と思いながら、ちんちんをいじります。ここでは、オナニーす…

一日中

僕の場合は、幼稚園の頃からオナニーを始め、小学生のあいだに段々と回数が増えて、中学高校と、毎日6~8回のオナニーをやっていました。 回数を求めた結果、超早漏なり、勃たなくても空砲でも、とにかく絶頂に達することだけが身に付きました。 家に居る…

早漏がオナニーの回数を増やす

僕は超早漏です。イキたいと思うと、10秒~2分でイッてしまいます。 おそらく、中学生になる頃には、この超早漏が確立されていたと思います。幼稚園の頃から、オナニーということも知らずに、とにかく気持ちよくなりたいから、ちんちんをこすっていました。 …

お金が掛からないオナニー依存症

幼稚園のころから、ちんちんをこすると「ビクーッ」となって、とても気持ちよいので、親の目を盗んではちんちんをこすっていました。 当然、それがオナニーだとは知りませんでした。恥ずかしいのではなく、親に見つかると怒られるから隠れてやっていたのです…

オナニーをし過ぎてSEXがどうでもよくなった

僕がオナニーをするのは気持ちよくなりたいからです。「ビクーッ」とくる絶頂感が欲しいからです。 大学生の頃は、これにエロが加わって、大変なことになっていました。いつでもどこでもオナニーがしたくなるのです。つまり、射精して絶頂に達したかったので…

一番好きなのはオナニー

「オナニーなんて」などとは、僕は思いません。なぜなら、オナニーが大好きだからです。オナニーは僕の中では優先度が高いです。だって、誰でも自分が一番好きなことをやりたいでしょ。 仕事中にオナニーしたくならないのは、仕事中は仕事が優先だからです。…

いつオナニー依存症だと気づいたのか

幼稚園のときから親の目を盗んではオナニーをする子でした。小学生になると、ひとりで留守番するとか、親の目から離れることも増えていきます。それがチャンスと捉え、オナニーをしていたら、だんだんとオナニーの回数が増えていきました。今から思い返せば…

ひとりになるとオナニーせずにはいられない

幼稚園のとき、布団の中でオナニーをしていたのは、親の目を盗んでオナニーできるというところといえば、布団の中くらいしかなかったからです。 小学生になると、ひとりで留守番することもあり、そういう "チャンス" を見つけてはオナニーをしていました。 …

正直言うと、オナニーはしたい

幼稚園のころからオナニーを始めて、オナニーはもう生活の一部になっています。 今でもエロは好きですが、積極的にはエロを求めなくなりました。それでも、オナニーだけはやめられません。 エロとは関係なく始めたオナニーだからこそ、エロに対する関心が薄…